「テュフ・ラインランド」(TÜV Rheinland)は様々な技術の安全を証明する技術監査協会です。
現地のドイツだけでなく、世界中の66カ国でも活動しています。

19世紀の産業革命に伴って、蒸気機関がドイツの工場に入ってきました。
いくつかの蒸気機関は負担を堪えることができなくて、爆発したりしました。そういう事件をなくすために、
1872年に「蒸気ボイラー調査団」が設立されました。蒸気機関の安全を保障することを目的に活動を始めました。

1877年までに、80人以上が「蒸気ボイラー調査団」に参加し、正規的な「蒸気ボイラー調査協会・ラインランド」を
ケルン・デュッセルドルフ周辺で設立しました。 1900年から、「蒸気ボイラー調査協会・ラインランド」は最初の自動車を検査し始めて、
運転免許の試験も行うようになりました。自動車化が拡大したとともに、政府に全国の自動車検査を頼まれました。
それと同時に、ケルンとデュッセルドルフに支店を開き、採鉱やエネルギーに関する検査も活動プログラムに追加しました。

1936年に、「蒸気ボイラー調査協会」は「TÜV」(技術監査協会)と呼ばれるようになりました。
ケルンにある支店は1962年までに6ヶ所のオフィスに600人の従業員まで広くなりましたので「テュフ・ラインランド」
(TÜV Rheinland)になりました。1967年と1970年にドイツ国内とドイツ国外の最初の子会社を設立しました。
1992年に企業グループの活動を監督するために、持ち株会社テュフ・ラインランド・ホールディングが設立されて、
国際的な影響も現在でも大きくなっていきます。

現在、「テュフ・ラインランド」(TÜV Rheinland)は工場サービス、モビリティー、製品、ライフケア、トレーニング/コンサルティング、そしてシステムという六つの大きな分野に分けたテストサービス等を行って、技術の安全を証明するために動いている世界的なリーダーです。

G-TECHはその技術監査協会の基準を守りながら、開発を行っています。技術監査協会の厳しい検査を受けて、パスした商品のみ、お客様に販売します。それだから、G-TECHの商品はクオリティーが高くて、非常に安全で、信頼性があります。G-TECHの市販用のサブコン、マフラー、エキゾーストなどのチューニングプログラムの商品はTÜVの許可を取っています。